マンション、家、土地を「早く・高く・内緒で」売りたいアナタの味方、不動産売却のエキスパートが査定から売却まで取引の流れをガラス張りで説明をさせていただきます。

日米の不動産取引を知り、3000件以上の不動産取引にかかわった不動産のプロフェッショナル、福岡市、春日市、大野城市、限られた地域にコミットメントして活動しているからこそ、あなたにとことん寄り添った安心、安全な不動産売却を実現します。

なぜ未来テラスが多くの方に支持され選ばれるのか

まずはお客様の喜びの声をお聞きください。お客様の喜びの声

未来テラスさんは困っていることを解決してくれる不動産会社だと身をもって体験しました

工藤洋輔様
工藤 洋輔様
福岡県福岡市在住
キッズプログラミングと
シニアiPad教室の「iClub」代表
http://iclub.jp/

私が自宅を売却した時、最初は以前土地を購入した不動産屋に依頼しました。
ところが数ヶ月の間に内覧されたお客さんの数は、わずか1組。
さすがにこのままではマズイと感じ、山下社長に相談したところ、内覧数を増やすことの重要性と、
実際に内覧者数を増やすための提案を幾つも頂きました。
例えば、プロによる物件紹介プロモーションムービーの作成や、ポータルサイトで検索されやすい
価格設定のコツ等、物件が売れやすくするための必要な準備を進めていただき、その結果内覧者数が急増、程なくして成約に至りました。
未来テラスさんは困っていることを解決してくれる不動産会社だと身をもって体験しましたので、
不動産のことで悩んでいる方がいらっしゃいましたら、自信をもってお薦めすることができます。

もっと見て

海外、全国から推薦者の声

お客様と共に問題解決をしていく会社

武田麻美様
武田 麻美様 RA、CIPS、CRS 
CHOI international

ハワイ州 ホノルル在住
www.MamiHawaiiHome.com

私は、東京生まれで現在、ハワイ州のCHOI international というブローカー(不動産会社)にて副社長兼日本営業、不動産のエージェントとして、仕事に従事しています。
アメリカの不動産業界ではエージェントという立場で、クライアントの利益を守るために、活動をします。彼は、日本で不動産業に従事し、アメリカの不動産取引の仕組みを知る数少ない存在です。
彼は「お客様の役割は、判断・決断することで、エージェントの役割は、お客様の悩みや不安、ご要望をお伺いしてご提案することですから、分業して問題解決をしています!」と、話すようにアメリカの不動産取引の仕組みの中で、出来ることから日本でサービスを提供しています。

安心して、ご相談ください。未来テラスはきっと、あなたにとって良いパートナーとなってくれると思います。

その人の最善な方法を瞬時に提案出来る、頼もしい方です。

三井まりこ様
三井 まりこ様
ワシントン州シアトル在住
Mariko Mitsui CRS, ABR Certified Residential Specialist
公式HP
http://www.marikomitsui.com

山下社長とは彼の前職時代からご縁あって何度か、ご一緒させて頂き、シアトルの私の自宅へも遊びに来てくれたこともありました。 「僕はこう見えて人見知りするんです。」と言われた時にはびっくりしましたが、慎重でかつ、実直な方で、相手の様子を常に伺いながら、一歩先を考え、その人の最善な方法を瞬時に提案出来る、頼もしい方です。 いつか、彼が育てたトップエージェントを海外へ派遣してもらいたいですね。もし、山下社長のようなエージェントがアメリカにいたら、瞬く間にトップエージェントになっていることでしょう。アメリカの不動産業界を震撼させるくらいに、これからのご活躍を大いに期待しています。

営業・セールスは一切しないとはっきりしないと言う会社

小坂達也様
小坂 達也様
長崎県在住
有限会社クアンホーム
匠プロモーション株式会社
株式会社 健やか総本舗亀山堂
代表取締役
有限会社クアンホーム公式HP
http://www.coinhome.com 

私が経営する会社の中に、リフォーム会社と屋根工事会社があるのですが、山下社長に仕事のことを聞くと、未来テラスの営業職はエージェントであり、営業はしたことないし、苦手だという。どういう意味かを尋ねると、エージェントはアメリカでいうと、代理人のことであり、アメリカの不動産会社に所属するエージェントは、全て顧客の利益しか考えない、そして、アメリカには顧客のことしか考えられない合理的な不動産取引の仕組みがあることを教えてもらいました。

だから、彼は営業・セールスはする必要がなく、「顧客にとって、一番良い提案をするのが我々エージェントの仕事です!」と、いつも言っています。

困ったら、まず相談されてみたら良いと思います。ただ、弁護士や医者と同じで、今の状況を正しく伝えないと、力にはなれないと思います。勇気を出して、ご連絡してみてください。きっと、良い提案があると思います。

 

もっと多くの推薦者の声はコチラ

 

不動産売却について こんな悩みをお持ちではありませんか?不動産会社がたくさんありすぎて、どこを選べばいいかわからない…。住宅ローンの支払いが苦しい…どこに相談すればいいんだろう?。できるだけ早く、高く売るには、どこにお願いするのがベストなの?。売却の際の手続きや費用が複雑でよくわからない…。本当に適切な価格で売ってくれるんだろうか…?。業者に有利な条件で売られてしまうんじゃないかと心配だな…。ご近所さんに内緒で売りたいんだけど、そんなことできるのかな…?。

未来テラス(株)では、福岡市・春日市・大野城市の3つの街にフォーカスし、完全地元密着型で活動する不動産会社です。あえて少ない地域にフォーカスすることで、一人一人のお客様の求める結果に120%のコミットをしています。

 

不動産を売る

言葉にすると簡単です。でもいざ「売る」となると、簡単ではありません。不動産の業界経験がある人でもなければ、とてもハードルが高い一大イベントです。

 

たとえば手持ちの「古本を売る」のであれば、近所のブックオフなどに持っていけば、ものの10分ほどで売却できます。その際の手続きも、身分証さえあれば名前と住所と連絡先を記入するくらいで、特にややこしいことはありません。

 

しかし、「不動産を売る」となるとそう簡単にはいきません。まず扱う金額からして、古本とは比べ物にならないくらい高額です。一連の取引の中で行う手続きは多岐に渡ります。

 

そもそも、「売りたい」と思ってすぐに売れるものではありません。古本なら、本の状態がよほど悪くない限り、ほぼ確実に店が買い取ってくれます。しかし不動産は、自分が「売りたい」と思っても、それを「買いたい」と言ってくれる人がいなければ、基本的に売ることができません。(大手であれば、会社が買い取ってくれる場合もありますが…)

 

また不動産だけでなく、金融、税務、保険、法律など、一般にはハードルが高い分野の知識もたくさん求められます。とてもじゃないですが、自分だけでは到底対応できません。

だからこそ、私たち「不動産のプロ」が存在します。

私たちのお客様の中にも、ローンの支払い問題、相続問題、離婚問題・・・など、それぞれに複雑な事情を抱えている方が大勢おられます。ただ「満足できる形で不動産を売りたい」という思いだけでは、誰しも同じです。

 

その思いに全力で寄り添い、結果で応えること。

より具体的に言えば、

 

  • できるだけ高く売りたい
  • できるだけ早く売りたい
  • ご近所に内緒で売りたい

 

と言った個別のニーズをしっかりと汲み取り、あなたが置かれた状況、抱える問題にしっかりと向き合って、期待された以上の結果を出す。それこそが私たちの仕事です。

 

ここ10年の間で、日米の不動産取引知り、3000件以上の不動産取引に携わってきました。それだけの豊富な経験を持つ私たちだからこそ、どのような事態にも対応する自信があります。

 

まだ物件を売るかどうか決めていなくても、「ちょっとプロの意見を聞いてみたいなぁ」くらいの気軽な気持ちでも全然構いません。むしろ一人で悩むくらいなら、今すぐにでも私たちを頼って、使い倒してください。

 

不動産に関するどんな小さな悩みでも、私たちは全力で対応します。ぜひ私たちに今すぐご相談ください。必ずや、あなたのご期待にお応えします。

あなたと未来テラスの3つのお約束

不動産の売却に関するご相談お問い合わせは、今すぐこちらの番号にお電話ください!092-589-0555

泣く泣く手放すしかなかった 生まれ育ったマイホーム…

不動産売買は未来テラス株式会社の山下美津夫です

未来テラス(株)代表の山下美津夫です。私が不動産業界に足を踏み入れるキッカケとなったのは、高校時代のとある体験でした。

 

高校生の頃、諸般の事情から実家を手放さなければならなくなり、その後、実家は競売にかけられることになりました。当時、私は高校生でどうすることもできませんでしたし、両親にとっても苦渋の決断だったと思います。

 

もしかすると、家を売らなくても済む道はあったのかもしれません。ものすごく親身に相談に乗ってくれて、私たち家族には思いもつかないような道を示してくれる人はいたんじゃないかと、未だにふと思うことがあります。

 

しかし両親も私も、当時はそれを知る術がありませんでした。不動産会社はたくさんありましたが、そもそもどこに相談すれば欲しい答えがもらえるのか、私たち家族にはわかりませんでした。

 

今でこそインターネットが発達し、誰でも自由にいろんな情報にアクセスできるようになりました。でも当時は、そんな便利なものはありません。なので、なんとなく有名な不動産会社にお願いするくらいしか、思いつきませんでした。

 

結局、その不動産会社では「家を売らずに済む方法はないか」ということを検討することもなく、自宅はあっさり競売にかけられました。一連のやり取りも、不動産会社にほとんど言われるがままでした。

 

家を寂しそうに見る両親の背中のイメージ画像

どうしようもなかったこととはいえ、手放す家を寂しそうに見る両親の背中を見ると、子どもながらにとても悲しい気持ちになりました。

 

同時に、売却を依頼した不動産会社の人は、なぜもっと親身になってくれなかったのか。もっと一緒に悩んで、いろんな可能性を探してくれなかったのか。すごく疑問でした。

祖母が大病を患って…

その後、私も社会人となり、最初は不動産とは関係のない職に就きました。

 

そんなある日、最愛の祖母が予期せぬ大病を患いました。しかし、家族の誰もその病気についての知識がないため、どの病院のどの先生に診てもらうのが一番良いのかわからず、家族みんなでとても大変な思いをしました。

 

そのときにつくづく思ったのが

 

「どんな状況にも柔軟に対応してくれて、最適な選択肢を示してくれる。そんな『かかりつけの先生』がいたら、どんなに良かっただろう」

 

ということです。困ったときには適切な道を指し示してくれる。親身になって寄り添いながら、いろんな可能性を一緒に探してくれる。そんな人がいたら、どれほど心強いだろうかと思いました。

そして不動産の道へ…

そしてそれは、どんな分野においても同じだと思います。不動産、医療、法律、保険、金融・・・素人にはどれも難しい分野です。そこで『かかりつけの先生』がいたら、間違いなく大きな安心に繋がるはずです。

 

そんな経験を経て私は、27歳のとき「人の役に立つ『かかりつけの先生』になろう!」と決めました。またどうせなら「人が生活していく上で欠かせない衣食住の分野でそれを目指そう」と思いました。

不動産の道を目指した社長の画像

 

そして、高校生の頃の苦い経験も踏まえ、衣食住の「住」の道に進むことを決心しました。

 

そう決心した私は、すぐに行動に移りました。その年には、猛勉強の末「宅地建物取引主任者」の国家資格を取得。ついに『不動産のかかりつけ医』になるための第一歩を踏み出しました。

 

その後は、いくつかの不動産会社を渡り歩きながら、不動産売買、住宅ローン、相続、事業継承など、不動産にまつわる様々な経験を積み重ねてきました。

アメリカの現場を肌で感じて…

特に、アメリカ視察中に経験した不動産取引の仕組みには、とても大きな感銘を受けました。アメリカでは、法人はもちろんのこと、個人でも「代理人(エージェント)」を活用するのが当たり前でした。

 

ここで言う「代理人」とは、まさに『不動産のかかりつけ医』です。お客様は常に『かかりつけの先生』と二人三脚で不動産取引に取り組みます。自分一人で悩むことはなく、常に信頼できるプロと一緒に、自分にとってベストな道を探していくのです。

 

自分が思い描く『不動産のかかりつけ医』の仕組みが、アメリカには当たり前にあることに、心から感動し、大きな影響を受けました。そして私も一日も早く『不動産のかかりつけ医』になるべく、さらに努力を積み重ねました。

 

その後、日米の不動産取引を知り、3000件以上の不動産取引に携わってきました。

そしてついに『かかりつけ医』に。

未来テラス株式会社のイメージ画像

「不動産のかかりつけ医になろう!」と27歳のときに決心してから約10年。2014年1月に「未来テラス株式会社」を立ち上げました。

 

長年の現場経験で学んだ「お客様の利益のみを徹底して追及する」という姿勢。それが結果としてお客様に、ひいては企業にも最大の利益をもたらしていくのだということを、私は常に根本に据えています。

 

そのためにも、お客様にとっての最良のパートナー、最高の『かかりつけ医』になるべく、今も日々研鑽を積み重ねております。

 

もし、このメッセージをお読みのあなたが、不動産売却についての悩みをほんの少しでもお持ちであれば、ぜひ弊社にご相談ください。

 

どんなに小さな悩みでも構いません。私を含めたスタッフ一同、全力であなたの悩みに寄り添い、あなたの『不動産かかりつけ医』として、全力でサポートさせていただきます。

不動産の売却に関するご相談お問い合わせは、今すぐこちらの番号にお電話ください!092-589-0555

 

未来テラスの 確実な成約につながる5つのポイント。当社では、次の5つのポイントを特に重視することで、高い成果を出しております。ポイント その1 徹底した現地調査と詳細なヒアリングをもとにした、 精度の高い査定と個別売却プランの策定。ポイント その2 特敵の地域にフォーカスすることで、 一人一人のお客様に120%のコミット。ポイント その3 動画制作のプロが作成した物件紹介動画で、 売却物件の広告効果の最大化を実現。ポイント その4 物件の囲い込みを一切しない、 フルオープンな宣伝活動。ポイント その5 弁護士、税理士、金融、保険等、 他業種のプロとのチーム戦を展開。

 

徹底した現地調査と詳細なヒアリングをもとにした、 精度の高い査定と個別売却プランの策定

通常、不動産会社における査定には、次の2種類があります。

簡易査定の説明

お客様からいただいた物件情報を基に、現地周辺の成約事例や売り出し事例、路線価等の公的なデータから概算の相場を算出します。

 

その方法の最大のメリットは、手軽に査定が受けられるということです。

 

ただその反面、戸建や土地の形状、間口の広さ、高低差の有無、周辺環境等の確認や建物の内覧をしていないので、物件の状態が正確に把握できません。その結果、最終的な売却価格との間に大きなズレが発生する可能性が高いというデメリットがあります。

訪問査定の説明

担当者が実際に物件を訪問させていただき、お客様から物件の状態の確認と建物の修繕履歴や周辺環境について細かくヒアリングさせていただきます。

 

また、法務局や役所で、物件に対する権利関係や法令上の規制の確認、上下水等のインフラ整備に問題がないか等を調査した上で、過去の成約事例と現在の市場動向や流通性をもとに詳細な調査を行います。

 

現地の生の情報を基に査定を行うため、精度の高い査定をすることができます。

リアルな生の情報が、成約への最大の近道

ちなみに当社では、全面的に訪問査定を推奨しております。担当者が物件を現地訪問することで、情報の取りこぼしを極限まで減らせるためです。それに加えて、お客様に対する詳細なヒアリングを行うことで、より査定の精度を高めます。

 

その地域に住んだ経験があるからこそわかる物件のオススメポイント、たとえば子どもの学校が近い、公園が近い、スーパーが徒歩3分圏内に複数ある…など、それらすべての情報が、売却物件を広告活動していく上で確実にプラスになります。

 

経費削減のため、あまり訪問査定を重視しない不動産会社も中にはあります。しかし当社では、企業側の都合を優先して、お客様の選択肢を狭めるようなことだけは絶対に致しません。

 

もちろん、簡易査定のみのご利用も可能ではありますが、確実に成約に結びつけるためにも、訪問査定のご利用を強くオススメいたします。

もっと見て

特敵の地域にフォーカスすることで、 一人一人のお客様に120%のコミット

たとえば大手だと全国にチェーンを抱えているため、一人の担当者がカバーしなければいけないエリアが広くなり、抱える案件も多くなってしまいます。

 

もちろん大手のそれが悪いと言いたいわけではありません。大手は規模が大きい分、資本力もありますし、たとえば小さい会社には不可能な、大規模な宣伝活動ができるのは大きなメリットの1つです。

 

ただその代償として、一人のお客様に使える時間が減ってしまうのは、何よりお客様にとってとても大きなマイナスだと思います。

日本の病院の「3分診療」

たとえば日本の医療現場では、病院での「3時間待ちの3分診療」が何年も前から大きな問題になっています。

 

一人のお医者さんがあまりにも多くの患者を抱えることで、一人一人の患者さんからじっくりと病状をヒアリングする時間も余裕もなく、ほとんど流れ作業のような診察になってしまう。特に、精神科医療の現場ではかなり深刻です。

 

不動産の現場でも、大手の会社だと似たような状況になっているところも少なくありません。最悪の場合、担当者のキャパを超えてしまい、大きなミスにもつながることがあるかもしれません。

 

対して私たちは、少人数のスタッフながら、特定の地域にフォーカスした活動を行うことで、そのような事態にならないようにいつも心がけています。小さな会社だからこそ「選択と集中」が大事だと考えます。

 

自分たちのキャパを超えるようなことは絶対にせず、常にお客様の利益を最優先に考え、「お客様が求める結果に120%コミット」する。そうすることで、常に質の高いサービスを提供できると考えております。

もっと見て

動画制作のプロが作成した物件紹介動画で、 売却物件の広告効果の最大化を実現

今の時代、多くの方はまずインターネットで物件を探します。その後、ピンときた物件が見つかれば、実際に不動産会社にコンタクトを取り、物件の内覧へ行く、という流れが一般的です。

 

ということは、物件にそもそも「興味」を持ってもらえなければ、どんな優良物件であっても簡単にスルーされてしまいます。それはつまり、買い手にとっては「存在しない」のと同じです。

 

特に、インターネット上には無限に近い情報があって、興味がそそられる情報は他にも無数に溢れています。その中から「興味」を持って見てもらうのは至難の業です。

 

でも逆にいえば、「興味」を持ってもらうことさえできれば、成約につなげていくことは十分可能です。つまり「興味」こそが、最初にして最大の壁になります。

 

では、実際に自分の物件に「興味」を持ってもらうためには、どうすればよいのか。

 

それはまず、買い手ができるだけ具体的に「イメージ」できるように、物件を見せる(魅せる)ことが必要です。そのためにはいろいろな方法が考えられます。

 

たとえば文章で特徴を書いたり、間取り図や物件の写真を載せたりといった方法があります。ですが、それだけではおそらく不十分です。

物件を最も魅力的に"魅せる"方法

撮影機材のイメージ画像

そのために私たちが考える最も有効な方法は、ズバリ「動画」です。文章や写真にも効果はもちろんありますが、動画はより高い効果を期待できます。

 

具体的には、5分程度の長さの「プロモーション映像」を作ります。そうすることで、より多くの情報をインパクトある形で伝えることができ、買い手により具体的に「イメージ」してもらえるようになります。

 

とはいえ、素人が撮影したものだと、どうしても露出の調整が不十分で映像が暗くなったり、角度が不自然で実際よりも部屋が狭苦しく見えたりと、なかなか効果的な動画になりません。

 

また動画の編集にもそれなりにコツがありますし、買い手が「それを見るだけでワクワクする」ような動画にするのは、決してラクではありません。

 

そこで弊社では、プロモーション撮影のプロにお願いして、あなたの物件の「プロモーション映像」を制作するサービスをご用意しております。より早く、より高く、より確実に物件を成約につなげるためには、非常に有効です。(※別途制作費が必要です)

 

もっと見て

物件の囲い込みを一切しない、 フルオープンな宣伝活動

悲しいことに、不動産業界には昔から一つの大きな問題があります。

 

悪い習慣のイメージ画像

それは「物件情報の囲い込み」と呼ばれるものです。

 

ちなみに「囲い込み」とは、お客様から売却依頼を受けた物件情報を、自社だけで抱え込み、他社には一切紹介しないというものです。

 

本来、お客様から不動産の売却依頼を受けた不動産会社は、その物件情報を自社だけで抱えるのではなく、不動産業界全体で共有します。そうすることで、より多くの購入希望者の目に触れ、早期の売買契約につながるからです。

 

そのため不動産会社では、お客様から売却依頼を受け、正式に媒介契約を結んだ後は、その物件情報を決められた期間内に「レインズ(指定流通機構)」と呼ばれる不動産業界全体で共有されている物件情報のデータベースに登録することが法律で義務付けられています。

 

レインズに登録することで、他の不動産会社にも物件情報が行き渡り、より多くの購入希望者に紹介されます。つまり一つの会社だけでなく、業界全体で力を合わせてその物件を紹介することになるわけです。

 

その結果、その物件を「より早く」「適正な価格で」販売につなげていくことができるわけです。

不動産の売買仲介の基本的な仕組み

ここで念のため、売買仲介の基本的な仕組みをお話しておきます。すでにご存じかもしれませんが、不動産会社の主な収益源は、基本的に「仲介手数料」です。

 

たとえば、売却依頼を受けたA社のお客様と、購入依頼を受けたB社のお客様との間で売買契約が成立した場合。

 

売却依頼を受けたA社は、売主様から

購入依頼を受けたB社は、買主様から

 

それぞれ仲介手数料をいただきます。

 

しかし、売主様から売却依頼を受けたA社が、もしも買主様も見つけることができれば、売主様と買主様の両方から仲介手数料をいただくことができます。そうすると、単純に収益は倍になります。

 

もちろん、売主様と買主様の両方から仲介手数料をいただくこと自体は何も悪いことではありません。期限内にきちんとレインズに登録し、正々堂々と他者と物件情報を共有しつつ、地道な営業活動をした結果であれば、何ら問題ありません。

自社の利益を最優先する一部の人たち…

ただ残念なことに、一部ではありますが、レインズには一応登録はするけれども、他社には一切紹介せず、自社だけで情報を抱え込み、収益を独占しようとする人たちがいます。

 

仮に売却依頼を受けた物件Xがあるとして、その物件を見た他社から

 

「購入を検討してる方がいるので、Xの現状を教えていただけませんか?」

 

と連絡が入っても、

 

「その物件は既に契約予定があります」

 

などと嘘の報告をして、自社がより多くの手数料を得るために、せっかくの成約機会を台無しにしてしまうという、非常に悪質なものです。

 

これは売却を依頼された売主様からすると、極めて大きな機会損失です。最悪の場合、物件が長期間売れ残ってしまって、売主様に取り返しのつかない大きな損失を与えてしまうことにもなりかねません。

フルオープンな宣伝活動で可能性をMAXに

当たり前ではありますが、未来テラスでは、そのような悪質な「囲い込み」は絶対に行いません。

 

レインズへの即時登録はもちろんのこと、自社サイトによる宣伝、チラシの作成およびポスティング、他社との連携など、考えられるすべての手段を講じて、早期成約の可能性を最大まで引き上げていきます。

 

もちろん、それらの広告宣伝費用は弊社が負担します。売主様にご負担いただくことはありませんのでご安心ください。

もっと見て

弁護士、税理士、金融、保険等、 他業種のプロとのチーム戦を展開

不動産売却において最も重要なのは、「売主様が望む形での売買契約の成立を一日も早く実現すること」です。そのために弊社では、必要に応じて他業種のプロフェッショナルと密接に連携を取りながら進めて参ります。

 

弁護士、税理士等の士業、金融、保険、建築等、必要に応じて連携、またはご紹介させていただきます。不動産取引には、イヤでも法律や税金等が密接に関わってくるため、それぞれの分野のプロの力を借りることは、より安心・安全なお取引につながります。

 

また、各業種のプロフェッショナルとチームを組んで動くことで、より早い成約につながる可能性が高まります。そのため私たちは、日頃から不動産業界内だけでなく、様々な分野のプロフェッショナルとの関わりをつくり、いざと言うときのために準備しております。

 

お客様の利益を最大化するため、私たちは常に最大限の準備を怠りません。

 

不動産の売却に関するご相談お問い合わせは、今すぐこちらの番号にお電話ください!092-589-0555

 

不動産売却の流れ

実際に物件の売却をご依頼いただいた際の流れを、わかりやすくイラストを添えてご説明させていただきます。

不動産売却の流れ その1

不動産内覧・現地確認

ご訪問し、不動産の現況を確認します。
※境界問題、増改築の箇所、オススメポイント、故障箇所、敷地内の事件・事故・火事等あればお伝えください

不動産売却の流れ その2

売却相談・現状ヒアリング

売却する際の最優先事項をお伺いし、最適なご提案を実施致します。
※次の転居先や住宅ローンなどのお悩みも具体的に
 お伝え頂くと、良いご提案が可能です

不動産売却の流れ その3

売却について各種ご説明

エリア説明、仲介の仕組み、仲介と買取の違い、
広告活動の種類などをご説明致します。

不動産売却の流れ その4

査定書説明

近隣の成約事例、近隣の売出中物件、レインズとは何か、売却の諸費用などについてご説明致します。

不動産売却の流れ その5

3種類の媒介契約と
売却開始価格について

3種類の媒介契約におけるメリット・デメリット、売却開始価格の重要性、反響・案内・契約の関係についてご説明致します。

不動産売却の流れ その6

媒介契約締結(売却依頼)

媒介契約の種類を選択後、売却開始価格を 設定し、ご依頼後、売却活動スタートです!

不動産売却の流れ その7

物件調査

土木事務所、市役所、法務局などで道路や法律等の調査を実施させていただきます。
また、売主様が実施するホームインスペクション(建物診断)はこのタイミングで行います。

不動産売却の流れ その8

不動産購入検討者ご案内

物件説明は担当エージェントが実施致します。
窓・カーテンを開け、全ての電灯をつけて明るい状態で内覧してもらいましょう。

不動産売却の流れ その9

条件交渉(不動産買付確約書受領・売渡承諾書記入)

購入検討者から不動産買付確約書(申込)があったら、金額等条件を確認し、条件合意であれば、売渡承諾書に記入・捺印します。

不動産売却の流れ その10

重要事項説明
売買契約締結

宅地建物取引主任者により、買主様へ物件に関する重要な事項を説明、問題が無ければ売買契約の内容を確認後、契約締結します。

不動産売却の流れ その11

物件引渡し準備・引越

引渡しは、売買契約時に買主様と確認した通りに実施致します。
(基本的にエアコン・カーテンなど全て撤去)
マンションの場合、管理会社へ事前に連絡しておきましょう。

不動産売却の流れ その12

決済(残代金の受領と物件の引渡し)

買主様より売買残代金を受領後、所有権を移す手続きを行います。
マンションは管理費・修繕積立金・駐車場、全ての物件で固定資産税の精算が必要です。

 

動画でもっとわかりやすく流れをチェック!

よくあるご質問

過去にいただいたご質問の中から、特に多かったものを以下にまとめさせていただきました。

不動産の売却をするとしたら、最初に何をすればいいのでしょうか?
まずは不動産の査定を行うことをオススメいたします。
査定とは、「その不動産がどれくらいの金額で売れそうか」という売却予想価格を調べることです。
未来テラスでは、インターネット上から誰でも簡単にお申込みいただける「簡易査定」も実施しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
売却予定の家に住みながら、売却をお願いすることはできますか?
もちろん可能です。
売却を希望されるほとんどのお客様は、実際に住みながら売却を進めておられます。
ただし、購入希望者がいらっしゃった場合、事前にお客様にご連絡した上で物件のご案内をさせていただくことがございます。
その際にはご協力をお願いいたします。
査定には、どんな種類がありますか?
未来テラスでは机上査定、訪問査定、建物診断査定の3つがございます。
机上査定は、物件所在地周辺の取引事例などから査定書を作成し、ご報告致します。
訪問査定は物件内覧後、売主様のお話を伺ったうえで、机上査定内容に修正を加えて、査定書を提出します。
建物診断査定は訪問査定に追加して、建物診断(ホームインスペクション)を実施(専門家に依頼するため、有料)し、建物の状態を確認したうえで様々なご提案をし、売主様とご相談のうえで、売却開始価格を決定します。
お客様のご希望に合わせて、お選びください。
不動産の査定をお願いしたら、必ず売らなければいけないのでしょうか?
そのようなことは一切ございません。
査定の上、売るか売らないかは全てお客様のご判断にお任せしております。
査定してもらったら、必ずその価格で売らなければいけませんか?
必ずしもそうである必要はありません。
しかし査定価格は、プロとしての長年の経験やノウハウをもとに、客観的に物件を評価した上で「この価格なら売れるだろう」という適正価格を算出したものです。
そのため、仮に査定価格を大きく上回る金額で売りに出された場合、売れるまでに長期間を要したり、結果として査定金額を下回ってしまうというケースもございます。
最終的な売り出し価格は、弊社スタッフとよくご相談の上、慎重に決定されることをオススメいたします。
まだローンが残っているのですが、売却は可能ですか?
もちろん可能です。
一般的に住宅ローンの残りは、売却した代金で返済します。
そのため、新たに資金を用意する必要は基本的にありません。
また、銀行に対する手続きの調整等も、未来テラスのスタッフが行いますので、どうかご安心ください。
近所の人に内緒で売ることはできますか?
はい。可能です。
ただし、ご近所に内緒で売却することを最優先にする場合、高く売却・早く売却することが困難になることがあります。なぜなら、広告活動が制限されてしまうためです。
よって、まずは状況を詳しくお伺いしてから、最適な方法をご提案させていただきますのでご相談ください。
一日でも早く売るには、どんな方法が最も効果的ですか?
一日も早く売るには、売るために取れる手段を「一気に実施すること」です。
弊社のお客様はもちろん、他の不動産会社にも購入希望者探しを依頼し、広告活動も積極的かつスピーディに行うなど、打てる手は全て打つべきです。
その他の細かい作戦は物件ごとに違うでしょうから、打合せでご説明致します。
売る前にはリフォームをした方が良いのでしょうか?
はい。その方が有利になるのは間違いありません。
事前にリフォームしてある物件の方が、買主様の印象が良くなる可能性は高くなります。
ただし注意点として、「リフォームしても住み続けたら新しくても中古品になる」という点と、「クロスなどはきれいにしてもエアコンの使用などで汚れるケースが多い」という点です。
また、仮に買主様のご希望に合うリフォームでなかった場合、買主様が「自分達でリフォームしたかった」ということになる可能性もあります。
戸建の場合のおすすめは建物診断(ホームインスペクション)を売却開始前に実施(有料)し、専門家の診断で現状を把握してからどうするかを担当エージェントと打合せして決めるのが、失敗が少ないと思います。
売却後の転居先についての相談は乗っていただけるのでしょうか?
はい。もちろんご相談に乗らせていただきます。
購入でも賃貸でも、お客様のお役に立てるよう最大限お手伝いさせていただきます。
不要な家具等は、自分で処分しなければいけないのでしょうか?
原則として、引き渡しの際には家具も含めて全て空の状態にしていただくことになっております。それに付随する処分費用に関しても、売主様のご負担となります。
処分にお困りのものがある場合には、もちろんご相談に乗らせていただきますので、お気軽にご相談ください。
売らずに「賃貸に出す」という選択肢はありますか?
もちろんございます。まずは査定を行っていただいた上で、総合的に判断して「売却」か「賃貸」かをご判断していただければと思います。
売却した代金は、いつ頃いただけますか?
これはケースにもよりますが、ご売却の代金は「契約時」と「引渡し時」の2回に分けて支払われるのが一般的です。
その内訳としましては、契約時に5~10%程度、引渡し時に残額が支払われるというケースが多いです。
ご契約から引渡しまでの期間は、お客様との綿密なご相談の上で、弊社スタッフが調整をさせていただきます。
売却した代金には、何か税金がかかりますか?(確定申告はいりますか?)
まず不動産売買契約時に契約書に貼る印紙代(印紙税)が必要です。
それ以外には、基本的には物件を購入または取得した時よりも、高く売れて利益が出た場合に税金は「譲渡所得税」や「住民税」が必要になります。
その場合のポイントは、購入・売却時の経費を利益から控除出来るということです。また譲渡所得税(売却利益が出たらかかる税)には2種類があり、取得後5年以下は短期譲渡、取得後5年超の場合は長期譲渡となり、それぞれの税率で課税されます。
さらに詳しいことは、税務署、税理士にご相談されるか、打合せの際にご質問ください。
売却の際にかかる費用の内訳と、具体的な金額の目安はどれくらいですか?
※数字は状況によって変動しますので、あくまで一例です。
【例】
10年前に「3280万円」で購入し、住宅ローン残債が「1980万円」ある物件が
住宅ローン残債と同じ「1980万円」で売却できた場合。

【1】売却金額

 

1980万円

仲介手数料

「取引価格」×「3%」+「60,000円」+「消費税」

「1980万円」×「3%」+「60,000円」=「654,000円」

「消費税」=「654,000円」×「8%」=「52,320円」

706,320円

印紙税

売買契約書に記載されている金額に依る

※印紙税額の詳細はこちらを参照(国税庁資料より)

10,000円

抵当権抹消登記費用

「登録免許税」不動産1戸につき1,000円
※土地+建物の場合×2=2,000円
司法書士への報酬 約10,000円

12,000円

住宅ローン返済

残債

1980万円

事務手数料

住宅ローンの繰り上げ返済手数料
(3,150円~5,250円程度 ※金融機関により異なる)

3,150円

譲渡所得税・住民税

購入時価格より安価での売却の場合は非課税

0円

【2】小計

 

2053万1470円

差し引き金額

【1】 -【2】

▲731,470円

上記例のような場合、お客様にご負担いただく金額は、最後の「差し引き金額」の部分になります。


追伸

不動産売買は未来テラス株式会社の山下美津夫です

世の中には、有名・無名問わず本当にたくさんの不動産会社があります。外から素人目で見ると、違いはよくわからず、どこも大差なんてないように思えるかもしれません。実際、私も昔はそう思っていました。

 

たしかに、広い意味ではどこも似たようなことをやっています。たとえばファミレスなら、店は違っても、そこが食事をする場所であることには違いありません。

 

ただ、ファミレスも店が変わればそれぞれに独自のメニューがあるように、不動産の世界も会社が変わればサービスもそれぞれ違います。それぞれの会社に強みもあれば弱みもあります。

 

「でも”不動産を売る”となったら、どうせ物件情報は共有されるんだから、どこにお願いしてもあまり大差はないんじゃないの?」

 

もし少しでもそんな風に思っておられるのであれば、ぜひとも未来テラスにお越しになってみてください。きっと「あなたが一番欲しい結果をくれる場所」だと感じていただけるはずです。

 

不動産の売却は、あなたの人生にとっても非常に大きなイベントです。日常の買い物とは比べ物にならないくらいの大きなお金も動きます。だからこそ、あなたに損は絶対にして欲しくありません。

 

売却のための難しい手続きは何もかも私たちが代わりに行います。あなたがやるべきことは、一緒になって考えた「たくさんの可能性の中から選ぶこと」だけです。もちろん、私たちも最後まで一緒に悩み、考えます。

 

あなたの「不動産」を「”富”動産」に。

ぜひとも私たちと共に、最高の結果を受け取りましょう。

 

未来テラス株式会社
代表取締役 山下美津夫

不動産の売却に関するご相談お問い合わせは、今すぐこちらの番号にお電話ください!092-589-0555

店舗情報

未来テラス株式会社

営業案内

営業時間

9:30~18:00

休日

水曜日

電話番号

TEL:092-589-0555

FAX:092-589-0556

所在地

〒816-0931

福岡県大野城市筒井3丁目16番1号 パシフィックビル1階

地図

未来テラス株式会社 地図案内

対象エリア

福岡市

早良区

城南区

中央区

西区

博多区

東区

南区

春日市

一の谷

大谷

大土居

岡本

春日

春日公園

春日原北町

春日原東町

春日原南町

上白水

小倉

小倉東

桜ケ丘

下白水

下白水北

下白水南

白水池

白水ケ丘

須玖

須玖北

須玖南

惣利

宝町

ちくし台

千歳町

塚原台

天神山

昇町

伯玄町

原町

光町

日の出町

平田台

星見ヶ丘

松ケ丘

紅葉ケ丘西

紅葉ケ丘東

大和町

弥生

若葉台西

若葉台東

大野城市

曙町

旭ケ丘

牛頸

大池

大城

乙金

乙金台

乙金東

上大利

川久保

瓦田

栄町

雑餉隈町

下大利

下大利団地

白木原

中央

月の浦

筒井

つつじケ丘

仲畑

錦町

畑ケ坂

東大利

平野台

御笠川

瑞穂町

緑ケ丘

南大利

南ケ丘

宮野台

紫台

山田

横峰

若草

その他福岡県全域

PAGETOP